前座 二つ目 真打ち

落語家には大相撲の力士のような階級があります。

 

【前座】
師匠に認められて楽屋入りができる。
楽屋の雑用や師匠のお世話などしながら、落語の所作等、基本的なことを学びます。

 

【二つ目】
前座の修行が終わると、雑用から離れて落語に専念。
一方で、二つ目は自分で仕事を見つけなければなりません。
二つ目の修業期間は約10年位と言われています。

 

【真打ち】
寄席で最後に演じることができるのが真打ちです。
弟子を持つことができて、後進の指導をしながら芸を磨くことになります。

 

geikyou2