山形県 陸上自衛隊 落語 

金太郎の生い立ち

山遊亭金太郎が噺家になるまでの生い立ち。

 

山形県小国町に生まれ育ち、陸上自衛隊に入隊、任期を終えて、2代目桂小南に弟子入り。
子供の頃は金太郎のように野山を駆けずり回り、川で泳いだり、スキーをしたり、自然の中でおおらかに育ちました。
学校卒業後、陸上自衛隊に入隊。厳しい訓練にも耐えて任期を終える。
除隊後は予備自衛官に登録。有事や災害時には身をささげる覚悟でした。

(陸上自衛隊 予備自衛官からのメッセージより
2代目桂小南師匠の門を叩く。
昭和53年:前座名 桂南てん
昭和59年:二ツ目昇進 山遊亭金太郎に改名
平成3年:真打昇進
落語芸術協会監事
平成27年8月〜:山形県小国町白い森ふるさと大使
平成29年9月〜:千葉県我孫子市ふるさと大使
得意ネタは、鼠穴(ねずみあな)百年目(ひゃくねんめ)柴舟(しばふね)阿武松(おうのまつ)

 

【趣味】
俳句(俳句誌「百鳥」同人)
相撲観戦

 

kintaro2